折々のエッセイ

主として労働、社会、政治、生活に関する評論や個人的な回顧を、報道や書物を参照しながら、硬軟さまざまに綴っています。

その1 残業代ゼロ法案の欺瞞:ホワイトカラー・エクゼンプションへの「トロイ」の馬(2015年2月
その2 いつまでも映画ファン:2014年のマイベストと今冬の感銘(2015年3月)
その3 『家族という病』の耐えられない軽さ(2015年6月)
その4 過労死・過労自殺の重層的要因と労働者の主体性(2015年9月)
その5 情勢論(1):15年秋の闘い、統制と自粛の季節へ(2015年11月)
その6 情勢論(2):日常の界隈に働く強力な同調圧力(2015年11月)
その7 去年今年:「ザッツ ニッポン!」それでもなお(2016年1月)
その8 「社会的労働運動」としての関西地区生コン支部(2016年2月)
その9 「同一労働同一賃金」――その日本的なハードルを超えて(2016年5月)
その10 2016年秋の憂鬱(2016年9月)
その11 賀状の心象風景(2016年11月)
その12 関西電力課長の過労自殺をめぐって(2017年2月
その13 官民ファンド「クールジャパン機構」への女性派遣労働者の提訴-セクハラ、組合つぶし、非正規契約カットをめぐって
その14 過重労働とパワー・ハラスメント-自死に誘われる若者たち-