著作・共著一覧


著書リスト
*印は、加筆され編集されて文庫本になった作品または翻訳本

【初期】1967~78年
1.『産業史における労働組合機能――イギリス機械工業の場合』ミネルヴァ書房:1970年
2.『寡占体制と労働組合――アメリカ自動車工業の資本と労働』新評論:1970年
3.『労働のなかの復権――企業社会と労働組合』三一書房(新書):1972年
4.『労働者管理の草の根』日本評論社:1976年
5.『国家のなかの国家――労働党政権下の労働組合1964-70年』日本評論社:1976年

【中期】1979~1996年
6.『日本の労働者像』筑摩書房:1981年
7.『ノンエリートの自立――労働組合とはなにか』有斐閣:1981年
8.(編著)『働く日常の自治――労働者管理の思想と領域』田畑書店:1982年
9.『民主主義は工場の門前で立ちすくむ』田畑書店:1983年
10.『職場史の修羅を生きて――再論・日本の労働者像』筑摩書房:1986年
11.『日本的経営の明暗』筑摩書房:1989年
12.『新編・日本の労働者像』筑摩書房(ちくま学芸文庫):1993年*
13.『働き者たち泣き笑顔――現代日本の労働・教育・社会経済システム』有斐閣:1993年
14.『新編・民主主義は工場の門前で立ちすくむ』社会思想社:1993年*
15.Portraits of the Japanese Workplace -Labor Movements,Workers,and Managers
(tranlated by Andrew Gordon and Mikiso Hane) Westview Press:1996年
(一部加筆された『新編・日本の労働者像』のアメリカでの翻訳)*

【後期】1997~
16.『能力主義と企業社会』岩波新書:1997年
17.『日本的経営の明暗』ちくま学芸文庫:1998年*
18.『女性労働と企業社会』岩波新書:2000年
19.『リストラとワークシェアリング』岩波新書:2003年
20.『日本式企業管理的変革与発展』(黄咏嵐訳)商務中書館:2003年
(『能力主義と企業社会』の中国での翻訳)*

21.『若者が働くとき――「使い捨てられ」も「燃えつき」もせず』ミネルヴァ書房  :2006年
22.『格差社会ニッポンで働くということ』岩波書店:2007年
23.『働きすぎに斃れて──過労死・過労自殺の語る労働史』岩波書店:2010年
24.『労働組合運動とはなにか──絆のある働き方をもとめて』岩波書店:2013年
25.『私の労働研究』堀之内出版:2015年

 共著(収録論文)リスト
*印は後に単著に収録された作品

【徒弟時代】1959~1966年
1.「ホワイトカラーの生活と意識」
【岸本英太郎編『現代のホワイトカラー』ミネルヴァ書房】1961年
2.「年功賃金論と同一労働同一賃金」
【岸本英太郎編著『日本賃金論史』ミネルヴァ書房】1962年
3.「職務給と労働組合」
【岸本英太郎編著『運動のなかの賃金論』青木書店】1965年
4.「労働組合の経済理論」
【岸本英太郎編『労働組合の機能と組織』ミネルヴァ書房】1966年

【初期】
5.「労働組合と社会─労働そのもののありかたを問う」
【正村公宏ほか『現代資本主義と労働組合』あすど文庫】1977 年
6.「日本的労働者参加論批判」
【労働運動研究者集団編『月刊労働運動・臨時増刊―経営参加論批判』日本評論社】
1978年

【中期】
7.「職場社会の戦後史」*
「スト権スト・1975年日本」【清水慎三編著『戦後労働組合 運動史論』日本評論社】1982年
*著書10、12に収録
8.「分会活動の必要性と可能性」 <兵藤釗編『国鉄労働運動への提言』第一書林>1984 年

【後期】
9.「映画のなかの労働者像」 【熊沢誠、清真人、木本貴美子編著
『映画マニアの社会学――スクリーンにみる人間と社会』明石書店】1997年
10.高梨昌、大脇雅子、熊沢誠、山路憲夫
『働くものの権利が危ない~今なぜ労働法制 の規制緩和か』かもがわ出版】1998年
11..「医療労働者の賃金と労使関係」
【篠田武司編『スウェーデンの労働と産業――転換期の模索』学文社】2000年

現在入手できる著作等(Amazonへのリンク)