新・旅のアルバム抄

2014年10月 西フランス・ロマネスクの旅

アングレーム 9~12世紀のロマネスク教会を中心とする宗教美術をたずねる旅に出た。実質8日間のうち主に都市部を離れた教会を20あまり(うち一部はゴシック様式)を訪れるという、いささかマニアックなツアー。多様なかたちに素朴な教会堂、グロテスクな人間、悪魔、動物、悪魔などが躍動する柱頭レリーフ彫刻、稚拙ながら美しいフレスコ画などがロマネスクのポイントである。壮麗なゴシック様式とは別のつきせぬ魅力がある。フラッシュや三脚をつかわない撮影で、高所の12世紀のフレスコなどどうしてもピントがあまくなるが、現物も儚い趣ではある。

 


2015年4月 イラン旅行

 2015年4月、妻とともに、テヘランからペルシャ湾岸アフワーズに至る、現地9日間のイラン旅行に出かけた。むろんグループツアーで参加者は中年の女性を中心に25名。なぜ今イランに?と友人にいぶかしく問われもしたが、前回2001年の訪問で、この国のイスラム文化と古代遺跡の壮麗さと人びとの暖かさが忘れられず、再訪したい思いにとらわれたからだ。

延々と砂漠を行く、ときに13時間にも及ぶバス、湿気がなく爽やかながら厳しい暑気、それに口に合わない食事・・・高齢の私たちにはたしかに安楽な旅程ではないけれど、期待は裏切られなかった。前回にもまして、この古い古い国の雄大な古代遺跡のすばらしさ、15世紀~17世紀のイスラム文化の精緻きわまる美しさにうたれた。それにどの地の人びとも、イスラムの戒律が厳しいはずの若い女性でさえ、信じられないほど友好的で心が和んだ。警戒的な態度の嫌いな私の性格もあるのかもしれないが、一部の日本人が危惧する緊張などまったく感じなかった。少なくとも庶民たちは明るい。願わくば、この雰囲気が、今は旅行不可能なシリアのように変わってしまわないことを!

以下の写真(NIKON・D80によるもの)は、見て!見て!という感じながら、イスラム文化の精髄、古代遺跡の壮大さ、それに人びととのふれあいなど、イラン再訪の楽しさ、すばらしさの一端を伝える。


2016年2月 スリランカへの旅

2月14日から計6日間、仏教遺跡の豊富さに惹かれ、スリランカを訪問した。2016Sri Lanka
古都アヌナーダブラ(BC3世紀より)、ポロンナルワ(10世紀より、最盛期は12世紀)、ダンブッラの石窟寺院(最古の石窟は5世紀)、キャンディの仏歯寺(16世紀)などがやはりおもしろく、すばらしい。ただ、旅行全体としては、今回は観光に専念するいつもの東京の旅行社の企画ではなく、かの阪急トラフィックと競う旅行社の企画する、名古屋発の短く安価な旅行を選んだことに、いくらか後悔した。なによりも商品説明の長いショッピングが頻繁にすぎる。バスが窮屈だ。各所で自由時間や街歩きがなく、寺院の細部や人びとの写真もままならない。それでも、写真のいくつかを楽しんでいただければうれしい。


中国四川省の旅 2016年9月

2016年9月、中国四川省のツアー(九日間)に参加した。興味深かったのは、愛らしいパンダの世界最大規模の養育基地、楽山大仏などの仏教遺跡、明代の古刹、「国家的秘密」とされる神業のような芸・変面(正しくは変臉)、チベット人の村や寺院、古代からの水利施設など多様だったが、なんといっても最大のポイントは、文字通り世界に名高い自然美、九寨溝と黄龍だった。
そこを訪れる中国人の大軍団は、少数の日本人を押し出してしまうほどの勢いだった。この国の庶民が遠い観光地を訪れることができるほどのゆとりに恵まれたことをそれは実感させるものだった。そのほか、中国人の女性ガイドがオプショナルやショッピングの注文申込みを(申込者の名前の公表もふくめて)自分のボーナスに関わる実績として公表するのにも辟易した。そのあまりにはばかりない能力主義に驚いてしまう。
にもかかわらず、晴天に恵まれた九寨溝・黄龍の、信じられないほどの美しさはなにものにもかえがたかった。下界から隔絶した秘境--九寨溝は標高2192~2995m、黄龍の頂点、パラダイス的な黄龍・五彩池は3523m--であるだけに、そこに到る体力・脚力は相当のものだったけれど、みごとに往復できて、私たち78歳も捨てたもんじゃないと満足した次第である。以下、ニコンD80による中国四川の映像を30枚ほどみてください。


イタリア北・中部の古都 ルネッサンスを尋ねて 2016年10月

イタリアの北・中部は、主としてルネッサンス、時にビザンティンやゴシックの文化遺産あふれる古都が真珠の首飾りのように連なる。このたびユーラシア旅行社の企画する、フェレンツェを終点にして14もの古都を経巡るツアーに参加した。いささかマニアックながら、建築、その内陣、フレスコやタンパンの彫刻、モザイク、そして無数の名画など、すばらしいというほかはなく、酔いしれた。日本では考えられないほど、ほとんど「ノーフラッシュなら撮影自由」というのもうれしいかぎり。ここに50枚ほどを示す。素人写真なのに好みに偏して、例えばフラ・アンジェリコなどが多すぎよう。それでも、あまりに美しくて削ることができず、つい、見て、見て、とお願いする気持ちになってしまう。「神はなくとも信仰は美しい」(ボードレール)という。マルクス学徒で無宗教なのに、人びとの宗教への帰依が生み出す美術への、私の傾倒ぶりに苦笑されたい。


コーカサス三国の旅 2017年5月

2017年5月中旬、中東とヨーロッパの間に位置するいわゆるコーカサス三国を訪れた。1998年~2001年にかけて旧ソヴィエトから独立した共和国の国々。東西交易の要にあって 古くから人びとが住み、いくつかの王国も栄えたが、総じてロシアやトルコなど周辺の大国からの圧迫に苦しみ、また三国間の流血の争いも絶えなかった。アセルバイジャンはイスラム教、ジョージャー(グルジア)はロシア正教、アルメニアは古くからの独自の使徒教会系キリスト教を中心とする。古都は数多いが、全体として文化遺跡の密度はそう高くない。とはいえ、寒風吹きすさぶコーカサスの山麓や緑の原野に点在する、ビザンチン風の石造りの素朴な古い教会群は、風景とよくマッチして静謐で美しい。その多くは世界遺産に指定されている。華やかではないけれど、エキゾティックな不思議に魅力をもつ地方だった。


スイス一周 2017年7月

 スイスは、1979年にユングフラウを、1987年にマッターホルンを訪れている。このたびはこの国の見納めとして、サンモリッツ周辺、シャモニー周辺のフランス・アルプスをふくんでオールラウンドにすべての要所をめぐるツアーに参加することにした。登山電車やロープウェイで接近する展望台からの名うての名山や氷河は、荘厳で比類なく美しかった。多くの高山の名前を特定できず残念だ。今回の写真は、いつもの宗教施設や美術館や小路や人びとを対象にした私好みの映像とは違って、夢中でシャッターを切った割には平凡なので、紹介したい写真は23枚ほどに留まっている。カメラはニコンD80、最後の2枚だけ小型のキャノンイクシーズである。